広告・チラシデザイン

タイトル位置のレイアウトパターン15例

タイトル位置のレイアウトパターン15例

チラシなどを作成する際、ある程度の入れ込む内容が決定したら、まずはレイアウトのラフを考えていきますよね。入れ込む内容の分量や内容によって、効果的なレイアウトは違ってきます。タイトルをどのように見せるか、ちょっとした工夫で印象が大分違ってきますので気になるパターンで色々トライしてみてくださいね。きっとピッタリのレイアウトがあるはずです。

チラシデザインの作成手順を詳しく見たい方はトップページから

タイトル位置のレイアウトパターン15例 を見てみよう!

タイトルのレイアウトパターンとしてよくあるタイプを15例出してみました。

タイトル位置のレイアウトパターン15例

内容の分量が多い時

1や7、12、13など省スペースなタイトルレイアウトは、内容の分量が多い時に良いと思います。また、同じ位置においても裁ち落としにすることによって印象も洗練された感じに。四角・円形・その他の形に変えてみてもいいでしょう。

長いタイトルを効果的に見せたい時

11は長いタイトルを大きく扱いたい時に、14は勢いのある元気な感じにしたい時に、15は縦から横へとつながるタイトルで面白いユニークな印象に。

インパクトのあるタイトルに

8や9のように中央に配置されたタイトルは視認性が高くインパクトを与えます。3や4の場合にも裁ち落としで大胆に大きく扱ってみるとかなり強いタイトルになります。

写真などのイメージをメインに見せたい時

2、5、6、10などのパターンは写真などのイメージ重視の場合にピッタリ。余白を多めにとってタイトルはさりげなく主張しない感じに仕上げると洗練された印象に。逆にタイトルを大きく裁ち落とす感じで入れるとインパクト大。

終わりに

いかがでしたでしょうか。同じ位置でも余白の取り方、裁ち落とし、文字の大きさで印象がかなり変わります。せっかく作るチラシ、より良いものにするために、是非色々トライしてみてくださいね。



  • この記事を書いた人

Mima.F

過去には、印刷会社・制作会社・デザイン事務所などでお仕事させていただいておりましたが、出産を機に専業主婦に。子育て中においても、子供の幼稚園や学校、習い事やサークル、自営業の方など様々な出会いの中で、デザインが役立つ場面は意外と多いのだと実感しています。また、パソコン操作が出来る方が増えた現代では、「経費削減のため自分でチラシやポスターのようなものを作ることが出来れば…是非やってみたい気持ちはあるけれど具体的にどうしたらいいのか分からない」「実際に少しやっては見たもののやはり思うように出来ず困っている」などのご相談をいただくこともあります。そんな時に役立てていただける記事が出来たらとこのブログを作りました。是非少しでも参考にしていただき、デザインにトライしていただけたらと思っています。 我が家でも、子供のためにデザインしたネームシールなど思った以上に喜んでくれ、小学生にもなると「こういうデザインのシールを作って」と注文をしてきます。今では我が子も「自分でデザインしてみたい」と言い出すこともあり、デザインとはとても身近なもので、その自分で作るというオリジナル感を楽しむひとつの遊びになっているのだと感じています。 →ゆるゆるグラフィックデザイナーの仕事部屋 その他の運営サイト:膠原病とバセドウ病になりまして。

-広告・チラシデザイン

© 2021 チラシデザインのコツと作り方|未経験でもすぐに出来る無料テンプレート!