広告・チラシデザイン

タイトル位置のレイアウトパターン15例

タイトル位置のレイアウトパターン15例

チラシなどを作成する際、ある程度の入れ込む内容が決定したら、まずはレイアウトのラフを考えていきますよね。入れ込む内容の分量や内容によって、効果的なレイアウトは違ってきます。タイトルをどのように見せるか、ちょっとした工夫で印象が大分違ってきますので気になるパターンで色々トライしてみてくださいね。きっとピッタリのレイアウトがあるはずです。

チラシデザインの作成手順を詳しく見たい方はトップページから

タイトル位置のレイアウトパターン15例 を見てみよう!

タイトルのレイアウトパターンとしてよくあるタイプを15例出してみました。

タイトル位置のレイアウトパターン15例

内容の分量が多い時

1や7、12、13など省スペースなタイトルレイアウトは、内容の分量が多い時に良いと思います。また、同じ位置においても裁ち落としにすることによって印象も洗練された感じに。四角・円形・その他の形に変えてみてもいいでしょう。

長いタイトルを効果的に見せたい時

11は長いタイトルを大きく扱いたい時に、14は勢いのある元気な感じにしたい時に、15は縦から横へとつながるタイトルで面白いユニークな印象に。

インパクトのあるタイトルに

8や9のように中央に配置されたタイトルは視認性が高くインパクトを与えます。3や4の場合にも裁ち落としで大胆に大きく扱ってみるとかなり強いタイトルになります。

写真などのイメージをメインに見せたい時

2、5、6、10などのパターンは写真などのイメージ重視の場合にピッタリ。余白を多めにとってタイトルはさりげなく主張しない感じに仕上げると洗練された印象に。逆にタイトルを大きく裁ち落とす感じで入れるとインパクト大。

終わりに

いかがでしたでしょうか。同じ位置でも余白の取り方、裁ち落とし、文字の大きさで印象がかなり変わります。せっかく作るチラシ、より良いものにするために、是非色々トライしてみてくださいね。



-広告・チラシデザイン

© 2020 チラシデザインのコツと作り方|未経験でもすぐに出来る無料テンプレート!