広告・チラシデザイン

記憶に残るキャッチコピーを作るために知っておきたい基礎知識

記憶に残るキャッチコピーを作るために知っておきたい基礎知識

情報があふれる現代で、いかにしてターゲットに注目してもらうことが出来るか、そしてターゲットの記憶に残すことが出来るか、ということが重要です。たとえターゲットがチラシを目にしたその時に直接的な行動に移さなかったとしても、記憶に残すことが出来れば、後々何らかのきっかけで行動への後押しとなり得るのです。

コンセプトを固める

ターゲットの分析

キャッチコピーを考える時もやはり最初にやらなければいけないことは、ターゲットの設定とターゲットのニーズです。詳しくは「失敗しないチラシデザインの基本」で詳しく書いていますのでそちらをご覧いただければと思います。デザインを考える時と同様でキャッチコピーを考える時も、ターゲットや目的などを明確にしてターゲットにメッセージを投げかける必要があります。ターゲットがあいまいで万人に向けてメッセージを伝えようとしても、結局のところ誰にも届かないメッセージになってしまうからです。また、時代とともにターゲットの流行や悩みも変化していきます。そういった時代背景もしっかりと調査しておくと良いでしょう。

ターゲットの持つ悩みを解決する言葉

キャッチコピーについつい利点やウリなどメリットばかりを入れてしまいがちですが、見る側にはその凄さがいまいち分からないということがほとんどです。文字数が限られたキャッチコピーの中に、しっかりとターゲットに届くメッセージを入れるためには、「行動を起こすことでどんな素晴らしいことがあるのか」という結果が見える文章にすることが大切です。そうすることでターゲットはチラシの内容を具体的にイメージすることができ、更に詳しく読んでみようという気持ちにつながっていきます。また、行動をおこすことでどんな素晴らしいことがあるのかというところを考える時に大切なことは、ターゲットが持っている悩みを考え、それを言葉によって解決してあげることです。ターゲット設定が出来たら、ターゲットの悩みを書き出したり、ターゲットの求めるニーズを具体的に箇条書きで書き出していきましょう。

ターゲットをより引き付けるためのテクニック

その他ターゲットをより引き付けるためのテクニックとして、良く使われる手法をあげてみましょう。

  • 具体的な数字を入れる
  • 期間限定・数量限定などの希少価値を入れる
  • ~の理由・~の方法・~のテクニック・~の秘密など、それを読めば何か得るものがありそうだと思わせる言葉を使う
  • 「間違えているかもしれない」と確認作業をしたくなるような問いかけの言葉を使う

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか? 簡単ではありますが、ここまで「記憶に残るキャッチコピーを作るために知っておきたいこと」についてまとめてきました。少しでもこれを読んでくださった方の参考になりますと嬉しいです。

PICK UP!

→「チラシ作成を格安で!! デザインも印刷も安く抑えて集客力を上げる方法」

チラシ作成においての「デザイン」「印刷」「配布・ポスティング」に無駄な時間と労力、お金をかけていませんか? チラシを作成するのに必要な作業内容から「通常A4片面チラシのデザインを依頼した場合、どれくらいかかるの?」というデザイン料金についてや、「自分でチラシが作れたら…」「印刷代をもっと安くできないかな…」「必要量だけ印刷したいけど受け付けてもらえない」など広告費削減の悩みを解決します!

トップページ(最初に戻る)



-広告・チラシデザイン
-

© 2020 チラシデザインのコツと作り方|未経験でもすぐに出来る無料テンプレート!