オリジナル・手作り

撮影ボックスを100均アイテムで自作する(改良版)

撮影ボックスを100均アイテムで自作する

大好評の「100均アイテムで物撮りの撮影ボックス」ですが、私自身使用しているうちに、少々不便さを感じるようになりました。使用のたびに折りたたむわけですが、ガムテープを使用していたために、ガムテープに布が貼りついたり、折りたたむときに向きを間違えると出来ないのでその点を考慮しながら折りたたむのが面倒だったり…。そこで今回はその点が解消できるように作成しなおしたので、その改良版をご紹介したいと思います。使用しないときは折りたたみたいという方は、絶対こちらの方が使いやすいので、是非これからご紹介する方法をご覧いただければと思います。

改良版撮影ボックスを100均アイテムで自作する方法

用意したもの

450×840×厚さ5mmのカラーボード。ダイソーでこれを3枚購入して合計324円です。安い!

ダイソーのカラーボード(白)

あとは、カッター・透明の5cm幅くらいあるテープ・白い布・コンパスカッター(穴をあける道具)

それから今回改良版を作成するために必要なものはこちら。

撮影ボックスを100均アイテムで自作する5

髪の毛を結ぶときに使用する髪ゴムです。目立たないよう白色を用意します。1か所で20センチくらい使用するので全部で200㎝程度あるといいです。

カラーボードを作りたい撮影ボックスの大きさに切る

今回はこれを全てカッターで半分に切りました。450×420の箱になりますね。切る時は床が傷ついてしまわないように下に粘土板など敷いて切るのを忘れずに。

カラーボードを半分に切る

上面ボードにレンズが覗ける穴をあける

そして上面ボードには、上からレンズだけ覗けるようにしておきたいので、レンズの大きさを計って同じくらいに切り抜きました。このようにコンパスカッターがあるととっても楽に出来ます。これも100均にありますよ。

カラーボードに穴をあける カラーボードに穴をあける

ボードをゴムでつなげる

赤丸の位置にゴムが通るくらいの小さな穴をあけて、ゴムを通してつなげます。穴をあける際は、あまり端すぎると壊れやすいのである程度内側にあけるといいですよ。

撮影ボックスを100均アイテムで自作する1

撮影ボックスを100均アイテムで自作する2

背景用の白い布を付けて、箱型にする

また、きれいな白バックになるように、白い布を用意します。私はたまたまうちに白い布があったので丁度良いサイズに切って使いました。後ろ面ボードの上部に白い布を貼り付けて、下面のほうまで敷けるくらいの長さにします。出来たら箱型に組み立ててみましょう。これで完成です!

撮影ボックスを100均アイテムで自作する3

撮影ボックスを100均アイテムで自作する4

パタンとしたら収納に便利な状態になります↓

撮影ボックスをおりたたむ

髪ゴムでつなげているので、ガムテープの時と違ってゴムなので伸びてくれるので、パタンとする向きや順番は自由です。スムーズに折りたためるようになりました!

  • この記事を書いた人

Mima.F

過去には、印刷会社・制作会社・デザイン事務所などでお仕事させていただいておりましたが、出産を機に専業主婦に。子育て中においても、子供の幼稚園や学校、習い事やサークル、自営業の方など様々な出会いの中で、デザインが役立つ場面は意外と多いのだと実感しています。また、パソコン操作が出来る方が増えた現代では、「経費削減のため自分でチラシやポスターのようなものを作ることが出来れば…是非やってみたい気持ちはあるけれど具体的にどうしたらいいのか分からない」「実際に少しやっては見たもののやはり思うように出来ず困っている」などのご相談をいただくこともあります。そんな時に役立てていただける記事が出来たらとこのブログを作りました。是非少しでも参考にしていただき、デザインにトライしていただけたらと思っています。 我が家でも、子供のためにデザインしたネームシールなど思った以上に喜んでくれ、小学生にもなると「こういうデザインのシールを作って」と注文をしてきます。今では我が子も「自分でデザインしてみたい」と言い出すこともあり、デザインとはとても身近なもので、その自分で作るというオリジナル感を楽しむひとつの遊びになっているのだと感じています。 →ゆるゆるグラフィックデザイナーの仕事部屋 その他の運営サイト:膠原病とバセドウ病になりまして。

-オリジナル・手作り
-

© 2021 チラシデザインのコツと作り方|未経験でもすぐに出来る無料テンプレート!